鹿児島県のスポーツ指導者なら

Sporing(スポリング)

太田敬介(おおたけいすけ) 男性

  • プロフィール
  • 経 歴
  • 競技歴
  • 生誕月: 1972年5月生まれ

    出身地: 福岡県久留米市

    所属NPO法人 SCC

    活動内容

    NPO法人SCC理事長
    ホームページ http://www.10bai.com/scc/
    フェイスブック https://www.facebook.com/keisuke.ohta1
    ツイッター @KeisukeOhta

    主な競技

    陸上競技

    資格

    日本体育協会公認陸上競技コーチ(JAAF公認コーチ)
    日本体育協会公クラブマネジャー
    専門種目:100m(自己最高記録10秒46)

    表彰

    文部科学省「生涯スポーツ功労者」
    公益財団法人日本陸上競技連盟「少年少女陸上競技指導者表彰・安藤百福記念章」
    鹿児島市「社会体育優良団体」
    日本青年会議所「人間力大賞2009」会頭特別賞
    鹿児島ロータリークラブ「青少年地域功績賞」

    著作物・論文・執筆など

    南日本新聞「南日本新聞を読んで」/南日本新聞夕刊/「思うこと」/鹿児島新報「スペシャリストの眼」/日本体育協会「指導者のためのスポーツジャーナル・広げよう総合型地域スポーツクラブの作り方」/ブックハウスHD「トレーニングジャーナル:NPOがつくるスポーツ」/中央大学「中央論評:楽しみとしてのスポーツ」/文部科学省「マナビィ:みんなでスポーツしようよ」/ベースボールマガジン社「ランニングマガジン クリール:いぶすき菜の花マラソン挑戦講座奮闘記」/クラブネッツメールマガジン「クラブマネージャー日記」/現代スポーツ評論「多世代型陸上クラブを立ち上げて」/鹿児島地域経済研究所「地域経済情報:南の風~歩くとは~」/毎日新聞(九州山口版)「直感勝負」/陸マガJrコラム他

    その他関連サイト

    http://www.10bai.com/r/
    https://www.facebook.com/keisuke.ohta1

  • 1972年
    福岡県春日市で、父眞一、母淳子の長男として生まれる
    1979年
    久留米市立荒木小学校入学(剣道・水泳・野球・児童会会長)
    1985年
    久留米市立荒木中学校入学(野球・バンドマン・給食委員長(2年時)から生徒会副会長(3年時))
    1988年
    福岡県立明善高等学校入学(校訓:「克己・尽力・楽天」陸上競技部に入部(短距離)・バンドマン)
    1990年
    全国高校総体(宮城IH)陸上競技男子100m8位
    1990年
    地元福岡国体(とびうめ国体)陸上競技少年男子A100m8位、つまり決勝になんとか残るけどビリ
    1991年
    高校卒業、上京。中央大学経済学部産業経済学科入学(体育連盟陸上競技部入部)
    1992年
    全日本実業団対学生対抗陸上男子100m優勝(商品券もらった、腕時計買った)
    1992年
    全日本学生選手権男子100m2位
    1993年
    全日本グランプリ男子100m総合3位(賞金もらった、おごった)
    1993年
    日本インカレ男子4×100mリレーで優勝、大会新(39秒77)、泣いた
    1994年
    関東インカレ男子100m4位
    1994年
    全日本学生選手権男子100m2位
    1995年
    中央大学卒業、車で18時間かけて久留米に帰る
    1995年
    陸上競技を続けるため鹿児島の陸上競技部を持つ企業に就職
    1996年
    地元鹿児島での全日本実業団男子100m7位
    1997年
    自己最高記録10秒46をマーク
    1998年
    ナイキシンガポールオープン男子100mに全日本実業団の代表として出場7位(夢でもあった「JAPAN」とはいったユニフォームに感動!)
    1998年
    全日本実業団男子4×100mリレー初優勝 *実業団単独チーム初の39秒台(39秒87)
    1999年
    怪我、慢性疲労で絶不調
    2000年3月
    会社が陸上部の休部(事実上の廃部)を発表
    2000年3月
    頭にきて後先考えずに辞表提出(3月30日)、退社&無職
    2000年
    社宅を出て、目の前に海が広がる賃貸マンションに引越、夏の花火の騒音に頭を悩ます
    2000年5月
    「SCC(スポーツコミュニケーションサークル)」設立発表
    2000年7月
    SCC活動開始
    2001年2月
    「飲み会」と称して皆を誘い出し、NPO法人SCC設立総会を開催
    2001年5月
    鹿児島県よりSCCがNPO法人認証、法人登記。日本陸上クラブ初・鹿児島県内のスポーツ団体初。日本一「理事長」という肩書きの似合わない理事長誕生。
    2001年8月
    貴子さんと貴子さんの誕生日に入籍
    2001年12月
    真珠湾攻撃の日(12/8)に結婚披露宴
    2002年5月
    ミソジ突入
    2002年5月
    長男誕生(命名:晶景【ショウケイ】)、父親になる(↑の2日後)
    2002年6月
    鹿児島ロータリークラブ「青少年地域功績賞」受賞
    2003年10月
    鹿児島市内を望む夜景の綺麗な賃貸の一軒家(つまり山の上)に引越、台風の風当たりの強さにびびる
    2003年12月
    突然家主から「ここを売りたいから出て行け」と言われ激怒
    2004年5月
    新築を決意、設計事務所と契約
    2005年2月
    自宅兼クラブハイス完成
    2005年3月
    次男誕生(命名:芳栄【ヨシエイ】)
    2005年12月
    左目が二重になる
    2006年2月
    ものすごく足が痛くなる→「痛風」と診断
    2007年1月
    現役復活!?いぶすき菜の花マラソン大会10キロに出場
    2007年4月
    SCC号(ハイゼット)購入
    2007年6月
    長女誕生(命名:十和子【トワコ】)
    2008年10月
    こどもたちと一緒にダッシュをして左前もも部分断裂→ももの筋肉が変形、以後全力疾走を封印
    2009年1月
    いぶすき菜の花マラソンに挑戦(フル)、きつくてびっくり→4時間54分
    2009年4月
    長男小学校入学
    2009年4月
    初めて新車購入、感動→1ヶ月でぶつけられる
    2009年6月
    久々に痛風
    2009年7月
    日本青年会議所主催「人間力大賞2009」会頭特別賞受賞→青い絨毯を歩く(↑まだちょっと痛かったんです)
    2010年3月
    ひどいぎっくり腰
    2010年5月
    まさか、息子の通う小学校のPTA会長
    2010年7月
    SCC設立10周年!に中山泰志がアジアジュニア200m銅メダルと嬉しいプレゼント
    2010年10月
    文部科学省 総合型クラブの拠点化・ネットワーク化に関する検討委員会委員
    2010年
    10月~12月 日本体育協会公認コーチ講習会受講、久々の猛勉強
    2011年3月
    日本体育協会公認コーチ(陸上競技)合格
    2011年5月
    日本陸上競技連盟 普及育成委員会普及策定部委員
    2011年8月
    日本陸連より「少年少女陸上競技指導者表彰・安藤百福記念章」受賞
    2011年10月
    NPO法人SCCが鹿児島市より「市社会体育優良団体」として表彰
    2012年4月
    鹿児島市スポーツ推進審議会委員拝命→鹿児島市スポーツ推進計画の策定に携わる
    2012年5月
    40歳
    2012年6月
    次女誕生(有希乃)「乃」という漢字は人に説明する時になんと言えばいいのか
    2012年10月
    日本体育協会公認アシスタントマネジャー講習会受講。テキストに出ている人が…、というプレッシャーを跳ね除け合格。
    2013年7月
    厄落としのつもりでカロリーコントロール、トレーニングを実施。痩せて、人間ドックで表彰されるも、周りからは病気を疑われる。
    2013年10月
    文部科学省「生涯スポーツ功労者」表彰
  • 1992年
    全日本実業団対学生対抗100m優勝
    1992年
    全日本学生選手権(現全日本学生個人選手権)男子100m2位
    1993年
    全日本グランプリファイナル総合3位
    1994年
    全日本学生選手権(現全日本学生個人選手権)男子100m2位
    1997年
    ナイキシンガポールオープン100m6位

太田敬介(おおたけいすけ)

メッセージを送る 活動内容を見る 所属クラブを見る